HOME>アーカイブ>慢性腎臓病について食事の大切さと自宅で過ごせる素晴らしさ

慢性腎臓病とはなんでしょうか。

男性作業員

腎臓は主にタンパク質の分解を行います。しかし慢性腎臓病になると腎臓の働きが弱くなり、正常なタンパク質の分解が難しくなります。そこで腎臓に負担をかけないために病院ではタンパク質と塩分を制限した腎臓病食を提供しています。病院では専門の栄養士がいて細かいエネルギー計算の元その人に合った食事が提供されますが、生涯病院での生活はしたくありません。そこで紹介したいのは、自宅でも腎臓病食を宅配してくれるサービスです。定期的な通院のみで治療が可能となった方などは、病院ではなく自宅で過ごしたい方がほとんどです。退院前に指導を受けても、自宅で腎臓病食を自分で作るのは難しいです。この宅配サービスを利用すれば自宅に居ながら腎臓病食を食べられることができます。

実際メニューや味はおいしいのか

低タンパク質で減塩の腎臓病食はあまりおいしそうな印象は受けません。しかし腎族病食を宅配している業者は以外にも多く、メニュー多さに驚きます。高齢の方などは和食を好んだり、若い方は中華や洋食を好んだりと好きなメニューがあるでしょう。どのメニューも工夫がされており、見た目から食欲をそそります。そして実際に利用されている方の声としてもおいしいや満足感があるなど腎臓病食を感じさせないコメントが多く見受けられます。高評価にある腎臓病食の宅配ですが、実はとてもリーズナブルで利用しやすいのです。

サービスを利用し楽しい生活をしましょう

腎臓病になったからと諦めないでください。腎臓病食の宅配サービスを利用し、家族と一緒に食事をしましょう。病院で過ごすより、自宅で過ごす時間は有意義であり生きる糧となります。病院食と同じく宅配の腎臓病食も管理栄養士が献立を作成しています。そしてレンジで温めるだけの簡単調理なのでご高齢の方も安心して利用可能です。自分たちの周りには様々なサービスがあります。食事は一番の栄養源で治療です。自分に合ったサービスを利用しながら楽しい生活を送りましょう。